バーベキューの魅力を伝えるブログ!

俺のコールスローサラダのレシピを紹介!美味しく作るポイントはよ〜〜〜く絞ることです!

お知らせ
この記事は旧ブログ『LifeReformer』より、リライトした記事です。

大人気!俺のレシピシリーズの第2弾は『コールスローサラダ』です。

BBQで濃いめの味に仕上げられたお肉の付け合せと言ったら、コールスローサラダが1番ではないでしょうか?

BBQの前日に仕込んでおけば、当日は取り分け用のスプーンを用意するだけです。

純粋に野菜が食べたい人、お肉の油でいっぱいになったお口をサッパリさせたい人など、各自で好きなだけ勝手に取り分けて食べてくれますよ。

もちろん家で食べるのにもオススメですよ!

ぼくはコールスローサラダが大好きなので、よく作って食べてます。

野菜が不足しがちな一人暮らし男子にも、特に試してみてもらいたいです。

それでは俺のレシピを詳しくご紹介!

美味しく作るポイントは、野菜をよ〜〜〜く絞ることです!

俺のコールスローサラダ!

材料

  • キャベツ 半玉
  • 人参 3分の1
  • コーン 85g
  • マヨネーズ 大さじ3〜5
  • 塩 2つまみ程度

俺のコールスローサラダ 2
△これは480mlのメイソンジャー1個にだいたい入る分の材料です。

人数にすると3人前ぐらいかな?

↓容れ物のメイソンジャーはこちら。 サラダを入れるのに最適です!

人参

俺のコールスローサラダ 3
△正直な話、ぼくはあまり人参が得意ではありません。

嫌いではないのですが、好きではないのです。

でもコールスローサラダにも彩りが欲しいので、人参を細か〜く刻んで入れています。

キャベツ半玉に対して人参がこれだけの量で、ここまで細かく刻むとほとんど味はしません。

この後にマヨネーズで味付けするので、全く人参の存在を感じさせません。

彩りだけです。

つまり、人参嫌いのお子様にオススメなのです。人参嫌いの大人にもね。

キャベツ

俺のコールスローサラダ 4
△キャベツは細かく刻んでしまうので、芯の部分も食べれないことはないと思いますが、ぼくはカットしてしまいます。

俺のコールスローサラダ 5
△芯を取った後は、コレでもか!!ってぐらいに細かく刻みます。

キャベツのシャキシャキ食感を味わいたい人は、もう少し荒く刻んでも良いと思います。

“俺のレシピ”ではかなり細かく刻みます。

俺のコールスローサラダ 6
△半玉のキャベツでも、細かく刻むとかなりの量になります。山盛りキャベツ。

これにドレッシングかけて、そのまま食べても美味しいのは間違いない。

そしてここに塩を2つまみ程度入れます。

この塩は野菜の水分を出すためと、少しの味付けも兼ねてます。

水分をたくさん出そうと思って、塩をもっとたくさん入れたこともあったのですが、めちゃくちゃしょっぱくなってしまいました。

ぼくの中では2つまみがベストの分量だと思ってます。

塩を2つまみかけた後は、全体に塩がなじむよう手で揉み込みます。

家庭用であればそのまま素手でやってしまいますが、BBQなど他人に食べさせる目的の場合は、ゴム手袋をしてやりましょう。食中毒は怖いですからね。

そして塩をよく揉み込んだら、15分ほど放置します

15分放置後

俺のコールスローサラダ 7
△写真だとちょっとわかりづらいですが、野菜がしんなりしてます。

と言うのも、この野菜はよ〜〜〜く絞った後だからです。

塩を揉み込んで15分放置すると、野菜から水分が出ますので、それを力いっぱいに絞ります。

手で握って水分を出しても良いのですが、料理用に布巾が1枚あると簡単に絞れますよ。

サラダスピナーとか言う水切り用の道具もありますが、ぼくは洗うのが面倒なので使いません。

でも大量に作る場合には、これがあったら便利だろうな〜とは思ってます。

↓サラダスピナーとはこのことです。

そして冒頭でも言いましたが、この水分を絞る作業には1番力を入れて下さい。

実際絞るのに力が必要ですしね。

なぜよ〜〜〜く絞る必要があるのかを説明しますと、この後にマヨネーズで味付けするのですが、水分が残っていると上手にマヨネーズが野菜と混ざり合ってくれないのです。

コールスローサラダの味ではなく、キャベツとマヨネーズの別々の味を味わってる感じ。何となくおわかりいただけるかな?

特に作ってすぐの時はまだ良いのですが、1晩寝かせるとどうしても水分が出てきます。

よ〜〜〜く水分を絞っておけば、翌日にはより美味しく食べれるのですが、適当に絞ってしまうと、野菜からたくさんの水分が出てマヨネーズが分離し、ハッキリ言って美味しくないです。

こういった理由から、コールスローサラダを美味しく作るポイントはよ〜〜〜く絞ることなのです。

マヨネーズ

俺のコールスローサラダ 8
△マヨネーズの量は好みでかなり違うと思いますので、自分以外も食べる可能性がある場合は、マヨネーズ大さじ4しか入れません。

しかしぼくはマヨネーズ大好きマヨラーなので、自分だけの時は大さじ5は必ず入れます。

家では足りないと感じれば後から足せば良いので、最初からたくさん入れない方が良いと思います。

BBQでは色んな好みの人がいると思いますので、大さじ4だけ入れて作っておき、後から足せるようにマヨネーズを持っていくのがオススメです。忘れがちですけどね。

コーン

俺のコールスローサラダ 9
△コーンはキャベツにはない甘さを出してくれるので、割りと多めに入れちゃいます。

子供はこのコーンが入ってることで、たくさん食べてくれますよ。野菜が苦手な大人もね。

俺のコールスローサラダ 10
△最後は全体的にマヨネーズがからむように、よく混ぜ合わせたら完了です。

保存

俺のコールスローサラダ 12
煮沸消毒したメイソンジャーに入れておけば、冷蔵庫で3日は余裕に保存出来ます。

すぐに食べてしまうので、それ以上保存しておいたことがありませんが、3日目でも美味しく食べれることは実証済みです。

BBQではこのまま持って行き、フタを開けてスプーンをさしておけば、みんな勝手に食べてくれますよ。

まとめ

俺のコールスローサラダ 11
作ってすぐに食べても美味しいコールスローサラダですが、ぼくは1晩置いた後の方が、よりマヨネーズが野菜に馴染んで美味しい気がします。

だからBBQに持っていく時は必ず前日に作ってます。

メイソンジャーだと持って行くのに重いと感じる方は、ジップロックなどの袋に入れ、食べる時にはお皿に盛り付けてしまえば大丈夫!

  • BBQでお肉の付け合せに良し。
  • 野菜不足の人も大量に野菜が食べれて良し。
  • 作るのが簡単で良し。
良しが三拍子そろいました。これはもう作ってみるしかないでしょ。

普段料理をしない人でも簡単に作れますからね。

野菜を細かく刻むのも、機械を使うとさらに簡単に作れちゃいます。

↓家庭用に作る時は、これがあれば包丁さえ必要ないよ!

↓みんなのために作る時には、このサイズじゃないと作るのが大変です。

食べてサッパリするコールスローサラダをBBQに持っていけば、みんなから一目置かれる存在になれるかも?!

BBQのマッキー

マヨネーズたっぷりのコールスローサラダが大好きな、BBQプランナーのマッキー(@jpasmo)でした! 最後まで読んでくれてMahalo…(`・ω・´)ゞ メルマガ登録も宜しくね!

メルマガ登録ボタン

↓俺のレシピ第1弾はこちら
俺のサングリアレシピを大公開!BBQでも家飲みでも大好評!簡単なので、一度作ってみてはいかが?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です