バーベキューの魅力を伝えるブログ!

子供も大好き『コーンバター』はBBQでも自宅でもすぐに作れちゃう簡単缶詰レシピ!

これをレシピと呼んで良いのか?非常に迷いましたが、子供と一緒にやるBBQでは大活躍してくれるのでご紹介しちゃいますよ!

本当にめちゃくちゃ簡単なのにもかかわらず、子供に人気&お酒のおつまみとしても人気&いざという時に助けてくれる!と三拍子そろったスグレモノです。

いざという時というのは、みんなの食欲が旺盛で食べ物がなくなっちゃった時ですね。

缶詰というのは賞味期限がとても長いので、BBQ道具と一緒にいつも持ち運ぶことが出来るため、食べ物がなくなっちゃったという時に助けてくれるのです。

そんなスグレモノな缶詰レシピの一つ『コーンバター』を今回ご紹介します。

「おいおい、これでレシピかよ!」って言いたくなるほど簡単ですから、是非一度お試し下さいませ。

子供に大人気のレシピ『コーンバター』

コーン缶

コーンバター缶 2
△まずはこちらのコーン缶がなければ始まりません。

こちらのコーン缶『シャキッとコーン』は、製造されてから36ヶ月もの賞味期限がありますので、3個パックとかで買っておくのがお得です。

毎回持っていくBBQ道具といつも一緒にしてあるので、いつでも食べられるって安心感があります。

水切り

コーンバター缶 1
△まずは上ふたを外し、中のコーンをふたで抑えます。

缶の中にはコーンと一緒に液汁が入っていますので、軽く絞るようにふたで抑えて液汁を捨ててしまいます。

全部をきっちり捨てる必要はないので、軽く抑えて捨てる程度で大丈夫ですよ。

バター投入

コーンバター缶 3
△そして次に投入するのがバターです。

BBQではバターナイフを持っていくのが面倒なので、ぼくはこのチューブに入ったバターを使っています。

味にこだわるとこのバターじゃない方が良いとは思うんだけど、BBQでは使いやすさと片付けが楽な物を選んでしまいます

コーンバター缶 4
バターの量は190gのコーン缶に対して、だいたい大さじ1ぐらいかな。

塩を少々

コーンバター缶 5
△この時は味付けの塩に『クレイジーソルト』を使いました。

▼ハーブ入りのお塩です

コーンバター缶 6
△こちらの量は小さじ1ぐらいです。

コーンとバターだけだと味がぼやけてしまって、美味しく感じられません。

この塩を振ることでコーンの甘みが際立ち、とても美味しくなりますよ。

後はバターが溶けたら完成です。

缶のまま食べても良いですし、お皿にあけて食べても良いですが、どちらにしてもしっかりかき混ぜてからお召し上がり下さい。

まとめ

今回のレシピはいかがでしたでしょうか?

「これだけで良いんだ?」って驚きの簡単さではなかったですか?

料理とは呼べないほど簡単な1品ですが、コーン缶、バター、塩だけで作れますので、是非一度試してみて下さいね。

BBQでお肉を焼く前に、とりあえず用意する1品としても活躍してくれること間違いなしですよ!

BBQのマッキー

子供と一緒にやるBBQでは定番メニューとして用意している、BBQプランナーのマッキー(@jpasmo)でした! 最後まで読んでくれてMahalo…(`・ω・´)ゞ メルマガ登録も宜しくね!

メルマガ登録ボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です