バーベキューの魅力を全力で伝えるブログ

スキレットを使ってお手軽『ローストビーフ』表面を焼いた後はほったらかしで大丈夫!

無性に赤身肉を食べたくなる時ってありませんか?

ぼくはなかなかの高頻度で食べたくなるのですが、そんな時に作るのが『ローストビーフ』です。

『ローストビーフ』と聞くと、ホテルのビュッフェで出てくるような、専門の調理器具を使わなくては作れないようなイメージはありませんか?

ぼくは今回ご紹介するレシピを知るまでは、「難しそう!」と思って、作るのを敬遠しておりました。

しかし『ローストビーフ』って、バーベキューでも、自宅でも簡単に作れちゃうんですよ。

そう。スキレットがあればね。

スキレットとは鋳鉄製フライパンのことで、アウトドアメーカーからも販売されていますが、最近ではインテリアや家具を販売している『ニトリ』でも販売されています。

何を隠そうぼくが自宅で使っているスキレットも、『ニトリ』で買ったものなのです。

参考 スキレット鍋 19cm(スキレットナベ 19cm)通販 | ニトリネット【公式】 家具・インテリア通販家具・インテリア・生活雑貨通販のニトリネット

スキレットはお手入れに多少の手間がかかるものの、『ローストビーフ』が簡単に作れてしまうというだけで、購入する価値があるとぼくは思います。

今回はそのスキレットさえあれば、表面だけ焼いてあとはほったらかしで作れてしまう『ローストビーフ』レシピをご紹介します。

スキレットを使ってお手軽『ローストビーフ』表面を焼いた後はほったらかしで大丈夫!

材料

ローストビーフ 2
△こちらが『ローストビーフ』でメインとなる食材です。

オーストラリア産の牛もも肉で、100g198円と気軽に買えるお値段のお肉です。

でもこのお安いお肉が、とっても美味しい『ローストビーフ』になっちゃうのですから摩訶不思議!

下ごしらえ

ローストビーフ 3
△『ローストビーフ』を作る際にはハーブの香りが欲しいのですが、生のハーブがなくても大丈夫です。

今回は「パセリ」「セージ」「タイム」「バジル」の、ドライハーブを使用しました。

生のローズマリーがあると、なお良いです。

塩コショウをした後に、これらのハーブをお好みの量だけまぶし、お肉に馴染ませます。

自宅用なら素手でも良いけど、バーベキューなど自分以外が食べる時は、使い捨ての手袋を使ってね!

バーベキューで使い捨て手袋を使う際には必ず『食品衛生法適合品』を使いましょう!

ローストビーフ 4
△お肉に塩コショウ、ハーブを馴染ませた後、にんにく1片をスライスします。

調理開始

ローストビーフ 5
△スキレットにオリーブオイルを大さじ1、スライスしたにんにくを入れてから火をつけます。

バーベキューの場合は、テーブルでオリーブオイルとにんにくをセットしてから、スキレットを火にかけるようにして下さい。

常温からにんにくを入れて火にかけることで、にんにくを焦がすことなく、香りをオリーブオイルにうつすことができるのです。

ローストビーフ 6
△オリーブオイルににんにくの香りがうつったら、にんにくだけを取り出し、小皿に置いておきます。

そしてお肉を投入!!

ローストビーフ 7
△お肉の表面(6面)をしっかり焼いていきます。

表面をしっかり焼くことで、目には見えない菌を死滅させ、安全に食することができます。

ローストビーフ 8
△表面をしっかり焼いたら火を止め(バーベキューではグリルから下ろす)、小皿に置いておいたにんにくをお肉に戻します。

ローストビーフ 9
△お肉をスキレットに乗せたまま、アルミホイルで包みます。

そしてそのままほったらかすこと、約20分。

盛り付け

ローストビーフ 11
△約20分ほったらかしたお肉をカットしてみると、端の方は中まで火が入ってしまいましたが、中心部はミディアム・レアなまま。

お肉を厚切りで食べたくなるところですが、『ローストビーフ』はなるべく薄くカットした方が良いです。

今回のお肉は高級なお肉ではないので、少々スジが残っている部分があるため、薄くカットした方が食べやすく、美味しく感じるのです。

ローストビーフ 12
△ベビーリーフをお皿に乗せ、その上に『ローストビーフ』を盛り付けます。

ローストビーフ 13
△再度スキレットを火にかけ、肉汁とにんにくを温め直します。

そこへバター10g、醤油大さじ2、赤ワイン大さじ2を加えて混ぜ、グレイビーソースを作ります。

ローストビーフ 14
△『ローストビーフ』にグレイビーソースをかけて完成です!

まとめ

ローストビーフ 16
ほったらかす時間が約20分ありますが、それ以外の調理時間は10分ほどです。

こんなにも簡単なのに、お手軽な値段のお肉が、とっても美味しく食べられるのです。

しかも見た目的に豪勢な感じとなるため、上手に盛り付ければインスタ映えも間違いなしです!

冒頭でもお伝えしましたが、スキレットがあれば自宅でも簡単に作れてしまうので、是非一度試してみて下さい。

▽ダッチオーブンで有名な『ロッジ』のスキレットがあったらもっと美味しく作れるかも?!

BBQのマッキー

『ローストビーフ』が大好物の、BBQプランナーのマッキー(@jpasmo)でした! 最後まで読んでくれてMahalo…(`・ω・´)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です