バーベキューの魅力を全力で伝えるブログ

バーベーキューでちょっと気をつけたいマネーのトラブル

今回はぼくが『とにかく野外焼き肉』をやっていた時代に起こった、バーベーキューでちょっと気をつけたいマネーのトラブルをご紹介します。

『とにかく野外焼き肉』をやっていた時代とは、こちら↓のプロフィールページに書いてあるので読んでね。
プロフィール

今回ご紹介するマネーのトラブルは、ちょっとしたことを気をつけるだけで防げるものなので、これからバーベーキューを開催しようとする幹事さんの参考になれば嬉しいです。

ただ単純に「バーベーキューでそんなトラブルあるの?」という、半信半疑の方も是非読んでみて下さいね。

バーベーキューでちょっと気をつけたいマネーのトラブル

酔っ払ってからの集金トラブル

これは食材やドリンク、レンタル道具などのお金を、幹事であるぼくが建て替えていて、後から集金しようと考えていた時のことです。

バーベーキューが始まって、お酒を飲む前に集金をしておけば問題なかったのですが、友達が大勢集まったことでテンションが上がってしまい、ついつい集金を後回しにしてしまいました。

参加者の中には友達が誘ってくれた友達、つまり初対面の人などが大勢いました。

そんな時のバーベーキューでは、たくさんの人と会話するのが楽しくなってしまい、ついついお酒も飲み過ぎてしまって、完全なる酔っぱらいとなった時です。

途中で帰ってしまった人、また最後まで残ってはいるものの、酔っ払ってしまったからか、お金を払うそぶりのない人がいました。

友達であれば「会費を受け取ったっけ?」と聞けば良いのですが、友達の友達にはなかなかそう聞くこともできませんでした。

一番の原因は、ぼくが集金をする前に酔っ払ってしまったこと。

お金を受け取った人の名前を書いておけば、「まだ会費をもらっていないよ」と伝えれば良いだけのこと。

その時は酔っ払っていたこともあり、正直に払ってくれた人からだけ集金し、結果は当然赤字となりました。

余ったお酒の行方トラブル

次に紹介するのは、余ったお酒でのトラブルです。

ぼくが開催していたバーベーキュー(野外焼き肉)では、食材だけでなく、ドリンクまで準備していました。

ドリンクを各自で持ってきてもらうようにしておけば良いのですが、それは参加者が面倒だと思ったので、ぼくが全てを準備していました。

そんなぼくが参加者全員の飲む量を把握できていれば良いのですが、それは不可能というもの。

その結果、どうしても多少のお酒は余ってしまうのです。

仲の良いメンバーだけの時には、「これ持って帰る人いますか〜?」と聞いて、みんなに振り分けます。

しかしそうでないメンバーの時に、少しトラブルとなりました。

その時は幹事がぼくだけでなくもう1人いたため、ドリンクを二人で注文し、大量に余らせてしまったのです。

その中には缶ビールが1箱あったのですが、これを知らないうちに誰かが持って帰ってしまったのです。

すると違う人から「おれも欲しかったんだけど」という声が聞こえ、さらには「同じ会費払ってるのにね」なんて声まで聞こえてしまいました。

こうなってしまうと、せっかく楽しかったバーベーキューも後味が悪いものとなってしまい、非常に残念な思いをしました。

知らない人が大勢集まるバーベーキューでは、余ったお酒をみんなで平等に分けるか、幹事が持って帰るというふうに決めておくべきだったと勉強になりました。

片付けはみんなでやりましょうトラブル

このトラブルは、お酒を飲みながら楽しむバーベーキューでは、往々にしてよくあることだとは思います。

そう、後片付けをやる人と、やらない人が出てしまう問題です。

これは一見するとお金は関係ないように思えますが、同じ会費を払っているのに、「なぜ片付けをやる人とやらない人がいるの?」と思っている人がいるからです。

ぼくは直接言われたことはありませんが、間接的に言われたことがあり、自分が率先してやらなくてはダメだな〜と思ったことを覚えています。

とは言いつつも、昔のぼくは誰よりも酔っ払ってしまい、片付けをやらないこともしばしばありました。。。

そんなダメ幹事な時もあり、今では片付けの時に嫌な思いをする人が出ないよう、酔っぱらいには酔っ払いでもできる片付けを、そうでない人には違う片付けをやってもらうよう、角の立たないよう指示を出せるようにはなったかと思います。

まとめ

今回ご紹介したマネートラブルを招かぬようにするためには、

  • みんなが酔っ払う前に集金をしておく
  • 余ったお酒の振り分け方法を決めておく
  • 片付けをみんなでやれるよう幹事が指示する

この3つを覚えておいてもらえたら大丈夫です。

ぼくが『とにかく野外焼き肉』をやっていた時代では、とにかくお酒を飲んで、たらふく焼き肉を食べ、みんなで騒ぐことを第一の楽しみにしておりました。

こんなバーベーキューを悪いとまでは言いませんが、みんなで楽しめるバーベーキューではなかったように思います。

最初から最後までみんなで楽しむためには、幹事が酔っ払わないように気をつけるか、酔っ払っても大丈夫なように準備をしておくかですね。

幹事は準備など少々大変ではありますが、その分みんなが喜んでくれた時の充実感は格別ですよ。

BBQのマッキー

昔はヒドい幹事だったと反省している、BBQプランナーのマッキー(@jpasmo)でした! 最後まで読んでくれてMahalo…(`・ω・´)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です